手術にかかる時間 | 美容外科で脂肪吸引することで全体的なスタイルを|大きく体が変化
お腹

手術にかかる時間

医療技術が発達したため、腹腔鏡下手術などを使い、内臓の手術も切開を最小限に抑えることができるようになった。
もちろん、これには医師の鍛錬と、環境の充実が必要となるので、どこでも受けられるものではない。
しかし、こういった手術があるということは、選択肢を広くするということでメリットが大きい。
脂肪吸引の技術も発達しているため、ごく小さな手術であれば一日で手術し、帰宅することが可能である。
大規模な手術でも、手術時間は1時間を切ることが多い。
脂肪が定着し、傷が治るまでに時間が掛かるので、入院をする人もいるが、激しい運動さえしなければ、帰宅し家で休むことも可能となっている。
こういった日帰りの脂肪吸引を行う美容外科クリニックは近年多くなっている。

脂肪吸引をする前段階として、薬を注入し、脂肪吸引手術がしやすいようにするという作業がある。
そうすれば、肌に浮いていたセルライトもとることができるのである。
セルライトは脂肪が血行不良で固まってしまったものであるが、このセルライトは取れにくいものであったので、脂肪吸引を機会に肌を綺麗にすることができる。
これらの細胞は一時流動的になっているので、細胞が落ち着くまでは入浴や運動を控えた方が良いとされている。
こういった細胞が落ち着くまで、または傷跡が無くなるまでの期間をダウンタイムという。
美容外科では、ダウンタイムがだいたいこれくらいの期間である、と明記しているところが多いので、参考にすることができる。
仕事や学業を行っている人は、こういったダウンタイムのことも考えながら、脂肪吸引手術までの期間を準備するべきである。

» ページのトップへ戻る